社内SEとキャリアとやりたいこと

自己PR、志望動機、面接対策で転職を目指す皆様を応援します!

旭硝子の中途採用書類通過した結果

転職スカウトからその会社の志望動機、自己PR等を考えるシリーズ。今回は旭硝子さん!言わずと知れた三菱財閥の中核をなす、優良企業です。

かくいう私も3年前に一次面接までいって、玉砕しました!いやー面接している人もとにかく優秀そうで、オフィスも東京駅すぐの丸ビル!まさに一流企業!という雰囲気にのまれましたね。

Torre Iberdrola

 

私の経験

私は転職面接の一回目が確か旭硝子さんで、緊張でうまく表現できなかったのを覚えてます。

あ!そういう意味だと、転職活動においても、面接の練習のつもりでいくつか応募しておく!その後本命の面接って言うのが理想的だと思います。ただ新卒と違ってなかなかスケジュール等も調整難しい面はあると思いますが。

 

でも、転職面接でもいきなり本命!は辞めた方がいいですね。緊張しますし。

そういう方はまずこういった社内SE特化の【社内SE転職ナビ】など で面接の練習等を積んだ方が良いかもしれないです。

 

さて前置きは長くなりましたが、泣く子も黙る旭硝子、どこがいいのか、あえての注意点はどこなのか、志望動機は?ということを書いていきますね。

 

■経験をもとに求める人材像

上流工程度:★★★★★

■業務内容
(1)主な業務領域を販売・物流・生産管理とし、「SAP/R3で構築した基幹システム」の単体および国内外の関係会社への改善・維持・管理の遂行を担います。
(2)ビジネスアナリストとして、以下の職務特性を発揮します。
・AGCグループの情報システム部門として、関係部門に対するITを活用した業務改革コンセプトの提案や実施後の改善提案を行う。
・上記システムに関わる要求事項の全体管理、利害関係者との合意形成など、システム全体の維持および管理を推進する。

 

以下のメールを参照ください。

 

私への面接結果通知です。

f:id:dtokyo0123:20171204203226p:plain

私の一時面接不採用メール…思い出したくない過去…。


ここからわかること!上流工程を求めています。確かに私は緊張しながらも自分がシステム構築でいかにがんばったか!ということをアピールしてました。それが完全に裏目にでました。

 

旭硝子さんはそんな人求めていないんです。いかに「企画」して「ベンダーを使って」きたかが重要なんです。自分が手を動かしてきた経験なんて、彼らからすれば「そんなの外注でいいや」って言う感じなんですよね。

まあある程度の開発のバックボーンがあるって言うのはアピールになると思いますが、それよりも大企業故に、企画、ユーザ折衝等が重要になってくるんでしょう。

 

旭硝子が直面する危機

私も本気で入社を夢見ていましたが、同時に硝子の将来性も不安になって色々調べたのを思い出します。

ざっくり言うと、以下の2点で旭硝子は常に外部環境の挑戦を受けています。

1:硝子代替品による挑戦

2:海外大手を相手にした技術、価格競争

 

1:これは主に自動車向け等なんですが、帝人等が自動車向けのポリカーボネート等を開発しているんですよね。ちょっと考えればわかる通り、ポリカーボネートは軽量かつ安価で大量に生産できます。でもなぜかまだそこまで普及していない。これは一つは安全面と耐久性でまだまだガラスが勝っているからということでした。

それでも旭硝子の売り上げ25%を占める自動車用ガラスが常に脅威にさらされているということは覚えておきましょう。

一応旭硝子のことがわかるリンクはっときます。

http://www.agc.com/ir/pdf/company_introduction.pdf

 

2:海外大手のコーニング社等が発売しているのが、ゴリラガラスというケータイ向け液晶ガラスです。旭硝子もドラゴントレイルという高強度のガラスを製造していますが、iPhoneはゴリラですし、なかなかシェアが厳しいという記憶があります。

 

 

志望動機&自己PR

冒頭でもお伝えしましたが、ここはとにかく上流工程の経験が重要です。私が20代後半の時でさえ、その経験を求められました。30代になった今、より一層、企画フェーズ等の上流経験が求められるでしょう。

なのでアピールできる経験としては、上流工程特に企画フェーズを担った経験があれば良いと思います。

他には、英語能力が求められるので、英語力を活かしてグローバルに活躍したい方はアピール&志望動機としては強いのではないでしょうか。

グローバル&多地域、上流工程、この辺り押さえられていれば良いと思います。あまりその辺りの経験が弱い方は、いかにビジョンを語れるか、今は上流工程の経験がないが、しっかり勉強しているということをアピールすれば良いと思います。

応援しています。目指せ上流工程!

 

 参考資料

旭硝子が所属する三菱財閥の秘密。

三菱財閥 最強の秘密 (宝島社新書)

三菱財閥 最強の秘密 (宝島社新書)

 

旭硝子が所属する三菱財閥と他財閥の関係 

 旭硝子他、業界の最新情報

「会社四季報」業界地図 2018年版

「会社四季報」業界地図 2018年版