転職した社内SEがキャリアを全力応援

自己PR、志望動機、面接対策で転職を目指す皆様を応援します!

富山県拳銃強奪発砲事件のまとめと真相究明

富山県でとても痛ましい事件が起きました。

まずは被害者の方のご冥福をお祈りします。

時系列で説明します。

 

事件発生
2018/6/26のことです。

午後2時頃富山県富山市の奥田交番で、勤務中の警部補が男に刃物で刺されました。

ツイッターからは以下の情報がシェアされています。

twitter.com

富山中央警察署奥田交番
〒930-0848 富山県富山市久方町14−24
076-432-0217

 

拳銃強奪
さらに同2時半前。

警部補を襲った男は、血を流している警部補から拳銃を強奪。

 

容疑者発砲の瞬間

血まみれの島津容疑者が発砲しているにもかかわらず、近くを歩く方は、平然としています。

まさか拳銃が撃たれたとは思わなかったのでしょう。

島津容疑者発砲の瞬間 - YouTube

小学校襲撃
同2時半ごろ、交番の近くの

富山市立奥田小学校
〒930-0851 富山県富山市奥田双葉町10−18
076-441-3746

の警備員の方を銃で襲撃。警備員の方は重体とのことです。

 

犯人確保
犯人は通報で駆けつけた警察官に銃で撃たれ重体。身柄を確保されたとのことです。

富山県警によれば、犯人が奪った拳銃は確保されたとのことです。

警察官から拳銃を奪って発砲 2人が死亡 富山

 

共同通信から以下の情報がリリースされました

自衛隊関係者によると、富山市の交番を襲撃した男は、2015年3月に陸上自衛隊に入隊。金沢駐屯地で勤務し、17年3月に退職していた。

容疑者は島津慧大容疑者です。、

 

大変痛ましい事件に胸が痛みます。

21歳元自衛官とされる犯人の動機など、真相究明が待たれます。