転職した社内SEがキャリアを全力応援

自己PR、志望動機、面接対策で転職を目指す皆様を応援します!

消費税増税10%!いつから?軽減税率?スーパー?レストランは?しりたいことまとめ!

みなさん、忘れているかもしれませんが、消費税が8%から10%にあがります。

タイミングはいつになるんでしょうか?

噂の軽減税率の対象は何でしょうか?

スーパーの買い物は?

国税庁からのパンフレット情報を元にまとめました!

消費税の「軽減税率とインボイス制度」完全解説

 

 いつから消費税はあがるの?

消費税は2019年10月に8%から10%にあがります!

消費税が5%から8%にあがったのが、2014年4月、現在の安倍晋三首相のもと、消費増税されましたね。

ですから安倍晋三さんは同一任期中に2度消費増税を実現した史上初の首相ということになりますね。

さすが、長期政権です。こういった決断も熱い支持のおかげでしょう。

 

消費税の歴史 

さらに振り返ると消費税の導入似ついては以下に整理できます。

1989年4月:消費税導入:税率3%:竹下 登

1997年4月:消費税増税:税率5%:橋本龍太郎

2014年4月:消費税増税:税率8%:安倍晋三

2019年10月:消費税増税:税率10%:安倍晋三

 

こうして振り返ると、消費税が3%から5%への増税は8年、5%から8%までは17年かかっているのに対して、8%から10%への引き上げは5年で実現しており、増税ペースはあがっていますね。

 

また安倍晋三首相は日本史上初の2度の消費増税を実現した首相となりそうです。歴史の教科書にのるかな。

 

もっと詳しい増税の歴史は以下のページを参照ください。増税タイミングだけでなく、その他の歴史も見ることが出来ますよ!

www.nippon.com

軽減税率って導入されるの?

さて、2019年10月に10%に増税される消費税ですが、今回は「軽減税率」 が導入されるようです。

この軽減税率ってその字の通り、対象品の税率を低く抑えますよ!というものです。

じゃあ対象品の税率は?

答え:8% 軽減税率の対象となる品目は8%の消費税率現状維持です。

軽減税率の対象品は?

軽減税率の対象品は、大きく2つです。

1:酒類、外食をのぞく飲食料品

2:週2回以上発行される新聞

個人的になぜ新聞の税率が軽減されるのか理解に苦しむのですが、まあいいでしょう。

おそらく新聞大好きな高齢有権者への配慮と言った所でしょうか。

 

軽減税率の判断基準「外食」の定義

で、気になるのが1の「酒類、外食をのぞく飲食料品」です。

1)酒類は解るけど、「外食」の定義は?結局何が軽減税率なのか?

2)テイクアウトとイートイン両方やってたら?

それぞれについて見ていきましょう

 

1)軽減税率の対象になる飲食料品は?

飲食料品=食品表示法に規定する食品=人の飲用または食用に供されるもの

ということで、野菜や牛乳、肉類、魚介類等は軽減税率の対象になります。

逆に対象にならないのが

1)酒類・・・問答無用で10%

2)外食・・・レストランは問答無用で10%ですね

3)ケータリング等(ただし有料老人ホーム等で行う飲食料品の提供は軽減税率)

です。

テイクアウトやピザの出前は軽減税率の対象です。

 

面白いのが食玩と言われるおもちゃ付きのモノは、1万円以下で、価格に占める食品の割合が3分の2以上であれば軽減税率となるようです。

この考えだと、【ラムネ1つ+おもちゃ】のようなものは、軽減税率対象ではなさそうですね。

 

2)イートインスペースがある小売店の場合

上記をふまえると複雑になるのが、コンビニのようにイートインもできるし、持ち帰ることも出来るような店です。

その場合以下の3つのうちどれからの対策がとられるようです。

1)持ち帰り用と店内飲食用両方の価格を表示

例)持ち帰り:108円 店内:110円

コレはちょっと大変そうだな・・・持ち帰ろう!と思ったけどやっぱりやめた!ということにもなりかねないしな。

 

2)店内表示を行うことを前提にどちらか片方の価格を表示

例)パン:108円 ※店内飲食は価格がことなります と掲示する

 

3)持ち帰りと店内飲食の価格を統一した税込み価格を表示

現実的にはこのパターンが多そう。

その場合やはり高い税率に合わせた価格になっちゃうんだろうな・・・。

 

政府の相談窓口

最後に軽減税率についての政府の相談窓口の連絡先を掲載しますね。

1:軽減税率制度に関する相談は専用ダイヤルで土日祝日を除く9:00−17:00

に受け付けています。

0570−030−456

 

2:消費税の価格表示や便乗値上げに関する相談窓口

「消費税価格転嫁等総合相談センター」

0570−200−123(受付時間土日祝日以外の9:00−17:00)

消費税価格転嫁等総合相談センター(◀︎HPです)

 

いかがでしたでしょうか。消費税増税について、さきにしっておきたいことをまとめました。

なかなか辛い消費増税ですが、これによって景気が悪化しないことをサラリーマンとしては願います。

同時に、税率もあがるんだから賃金もあげてよね・・・。