転職した社内SEがキャリアを全力応援

自己PR、志望動機、面接対策で転職を目指す皆様を応援します!

社内SEのキャリアー中堅編ー

wocintech (microsoft) - 229

不定期に書いている社内SEのキャリアシリーズ。今回は中堅編ですね。中堅社内SEっていうのは往々にして迷いが生じる時期ですよね。私も中堅(5〜7年目)くらいから転職とか、色々悩みだしました。

あとは、よく悩むのは「この仕事って意味あるのかなー」という部分ですね。

ま、その辺りを念頭に読んでみてください。

 

 

 

 

社内SE中堅社員1(6年目−10年目)

この辺りになってくると、結構仕事を任されるようになってきます。5年目くらいで外注さんと仕事するようになりますけど、一番学ぶべきはきっと外部の人との仕事の進め方ですね。僕はこの辺結構苦労しました。

その辺りは詳しい方たくさんいらっしゃると思いますけど、まずは自分は「注文する側」という自覚と覚悟が必要ですね。「○○してください!」と言い切るところ。コレが重要。

さらに社内の各部門からの問い合わせ、要求なんかもさばかなきゃいけませんね。

いままでは先輩方と一緒に話を聞いていたのが、今度は一人で聞くポジションがこのあたり。こういった仕事をやっていくと、「あれ?この仕事ってこの人達のご用聞きじゃ・・・」という悩みに陥ります。

私は陥りました。要求を聞いて、プログラムを書いて、テストして納品。うーん、、、なかなか自分の意義を見いだすのが難しいような気がしちゃうんですよね?

なぜだかわかります?

社内SEを目指すならここポイントですよね。いかにユーザの要求に社内SEとして付加価値をつけるか?つけることが出来ないと悩みマックス!

 

 

社内SE中堅社員2(11年目−15年目)

もうこの辺になってくると、そろそろ管理職か?というあたりですよね。ま、それに向けた課題がでてきます。

その前に、いろんな外注さんと話をしているので、「あれ?この人達と同じ仕事できるぞ?」と思います。そしてそんな外注さんの単価をみると「あれ?俺の安月給よりこっちの方が良いんじゃね?」という考えも。それが転職につながって転職エージェントにホイホイつられちゃうんですよね。ま、それは6−10年目でも同じですけどね。

であと課題は「後進の育成」ですよね。コレは難しい。

もうOJTとか使い古された言葉ですけど、そういうことやらなきゃいけません。

そして転職するとこれすっごいむずかしいです。なぜなら転職先で教育を受けていないので!この会社で通じるやり方とかなかなか教えるの難しいっす!となります。

そのあたりも転職組のデメリットですよね。

仕事としては後進の育成もそうですけど、業務的には社内の課題のやや大きいものをリードするようになります。

予算関係の話もかじったり、人の手配やったりと、マネジメントに近づいてくるのもこの辺り。

総じて中途半端ですけど、マネジメントにあがるためには必要なことかなと思いがんばりましょう。

 

いかがでしたか。社内SEを目指すあなたの参考になればうれしいです。

以下ルーキー編もありますので参考までに。

 

www.shanai-it.biz